斉藤永遠のeternalfishing

とにかく釣りがしたい、とにかく釣りが上手くなりたい。  をモットーに生きます。

S__184238090

こんにちは・・・
今回は遠賀川からお届けです。
遠賀川といえばなに・・・・ オカッパリ大会

そうです・・・ 日本で一番熱い遠賀川ロッドマンさんの大会に出てきたのでその模様をお届け・・!ということで書いていきます。

試合日は6月2日。
狙うのは勿論アフター回復の個体。

今回のエリアは遠賀川の下流、よく言うトーナメントエリアと呼ばれる場所です。
チャーリー近藤さんCUPということで賞金高めと聞き・・・全力でプラクティス。

朝6時頃からスタート。 
まず最初に考えた作戦的には、中間市役所駐車場付近からスロープまでのアフター回復の個体を狙う釣り。

でしたが・・・・ プラクティスではまったく反応なし。
ということで最下流まで下りました。

噂通りの減水+酸欠で見た感じは厳しい状況でしたが・・・
敢えてこのエリアに絞ることにしました。 

理由としましては・・・・
最下流の季節の進行が最も遅く春を意識した生態的反射でルアーを口にする個体が居ると考えました。
潮回り的に中潮で大会当日は大潮。 
プラな感じ試合は、ローウェイト戦だと考えてました。(大失敗)

パーフェクトなスプリングフィッシュは0ではないと思いましたが、季節の進行が速い遠賀川でこの手の魚を運命的に狙う釣りはとにかく効率が悪い・・・と思いアフター、ポストスポーンを狙い釣りに決めてスタート。

ルアー的には、issei「スパテラ4インチ」メイン
S__184238088

このルアーの選択した理由は、アフター、ポストの魚は強すぎる波動は・・・と思いまして・・・フィネスワームの水押しが10だとしたら7.5くらいスパテラを選択した次第です。

メインカラーは、世間で呼ばれるミミズカラーの「アカマツSP」

この手のナチュラルカラーは冬などに強いイメージが自分の中でありましたが、最近このシーズンに使い初めましてホームラン打ちまくっているカラーのひとつ。

アクション的には、強シェイクストップ。
強いシェイクして魚にプレゼンテーションからのストップで口の中にイン。

長くなりましたが、これで・・・ ポストスポーンなフィッシュをキャッチ。(画像一枚目の魚)

S__184238085

生態的行動とは無縁なフィッシュ。

2本で終了。 

色々エリアを回って1時間ほどで2本。 心の中ではこれ来たんじゃね?と思っていたのが事実です。

当日173人で試合スタート。40分ほど掛けて最下流まで下りました。
S__184238089

予想通り入りたいポイントに先行者なし・・・・・!

でしたが・・・・・・・ 無反応。

少し戻りまして・・・ 2番目に入ろうと決めていたポイント曲川水門前・・で一本キャッチ
結果は
S__184238082

キーパーぐらいのバスでしたがおかっぱり大会初フィッシュなのでヨシ!

帰りに重そうに歩いていたところお手を貸してくださったお兄様本当にありがとうございました。

んでもって結果は・・・・・ 44位でした。

ローウェイト戦ではなくかなりハイウェイト戦でしたね。

S__184238083


もっと練習します。。。


ではでは。。。


タックルデータ
ロッド・ハートランド6102MLFS
リール・セオリー2508PE
ライン・PE0.8号
リーダー・フロロハリスカモフラージュ8ポンド
ルアー・スパテラ4インチアカマツSP(issei)
フック・ヘビーカードタリズマン(RYUGI)






S__176201730

こんにちは。

最近家の前が河口なのでその中でもかなり楽しませてくれる好敵手が・・・


「セイゴ」

です。
S__176201731

今やってるエリアは小型~中型が多く居るエリアでやってます。

一番恵まれた点が博多湾はスズキの魚影がかなり濃いフィールド。
確かに大型もいるんですけどセイゴも多いし稀にメバルも釣れるという好条件。
S__176201732
(issei GCミノー)
毎日バス釣りしたいのが本音ですが、一つのバス釣り上達の延長線上でこの釣りを楽しむということを考えるとわくわくが止まりませんね。。。
S__176201733

(ちなみにバス釣り行くときは片道2時間くらい掛かってます)
しかも釣れないわけではなく・・・釣れる!
S__176201734

このサイズばかりなのが本音ですが・・・・ 
ライトタックルでやっているのでかなり楽しいワケです。(もちろんタモ入れ必須です。)

高校生時代はシーバスがメインだったので昔の自分だったら天国だな・・・と思いながら釣りしてます。

毎日・毎週通っていると勉強になる点が多い。
例として
・23日と25日では魚のレンジが僅かに違う。
・毎日変わる流れの変化
・街頭の光量での魚の集まり具合。
ここ数日でこのような結果を感じることができました。

今はジグ単オンリー。
issei「スパテラ1.5インチ」+「レベリングヘッド小針」


これからの季節バチ抜けがやってきますが、あえてこの中でベイトフィッシュを追っている魚を狙うのもあり。
 
季節的が進めばアジが入ってきて更に楽しめそう。



以上家の前がフィールドになりました的な話でした。




ではでは。




S__173826051

みなさん こんにちは。

斉藤永遠です。
みなさん春の釣り楽しんでますか?

そう春といえばバス釣り・・・ 
アフタースポーン、プリスポーン様々な釣りがあるかと思います。


今回は私的に春でプリスポーンの個体をより多く釣る完全な自論について書きたいと思います。

これが一番というワケでもなく自分が春の魚を釣ってきて特に感じたことなので参考になるところは参考にしてください。


S__173826056


この春様々な魚を触りましたが・・・・ そのほとんどがプリの個体。

長くなりましたが、その釣り方は。


「放置」

簡単に言うとワームのステイです。


S__173834242
よく釣れたのがライトテキサス(シンカー1.5G)

一番使って釣れたのはISSEI「bibibiバグ」4インチ。

あと一つ個人的に思うところがありまして、細かいパーツはなるべく外す(足等)は外したほうがプリや春の魚は良いと思っています。

放置といわれると水の中でずっと投げたままステイさせておくのか?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

一度キャストして一分ほどしたら回収または少しズル引きします。

とにかく意識することはルアーを動かさないこと、これに尽きます。

これはペアでベッドを仮掘り(実際に掘るのは二か月後かその先)をしている個体で沖回遊のプリ、反転流に潜むプリにはかなり効きました。


S__173826055

あとこれも感じたことであり、正解とも限らないんですが・・・・
プリの魚はルアーを咥えたときに動かさずにじっとしてるというか走らないことが多いと思いました。

前回の大潮からはネコリグのステイも効き始め・・・

S__173826050

※一枚目の写真で釣った魚はISSEI「スパテラ5インチ」のステイ。

アフターの魚が混じり始めましたが・・・・・
まだ本番というワケでもなく、100匹ブラックバスが居てそのうちの20パーセントぐらいしかアフターは居ないと思いますが、次の大潮が本番だと思われます。

放置は特に4~6月まで効くと思いますので一度騙されたと思って「ワームの放置」試してみてください。


ではでは。




タックルデータ
・ハートランド6101MRB-18(ダイワ)
・タトゥーラHLC XH L(ダイワ)
・フロロリミテッド16ポンド(クレハ)
・ビビビバグ 4インチ カラー 若潮、大潮(生態的反射で食わせるとき)
                     「ブラック/レッド スカッパノン」 











↑このページのトップヘ